兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所


一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI) お問い合わせはこちら
組織概要・AMPIの歩み(沿革)・組織図|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)

AMPIの概要

名称 一般社団法人近畿高エネルギー加工技術研究所 (略称:AMPI(アンピ))
所在地 〒660-0083 兵庫県尼崎市道意町7-1-8
TEL 研究部門:06-6412-7745
ものづくり支援センター:06-6412-7736 
FAX 研究部門:06-6412-7776
ものづくり支援センター:06-6412-8266
Email 研究部門:mail@ampi.or.jp
ものづくり支援センター:monodukuri@ampi.or.jp
URL http://www.ampi.or.jp
業務内容 AMPIは、高集束レーザおよび減圧プラズマ装置を保有し、それらの高エネルギー密度熱源を駆使した加工技術に関する調査・研究情報収集・提供、普及・啓発を行なうことにより産業技術の向上とわが国の学術の進展に寄与することを目的としています。

大きく分けるとAMPIは、共同研究を主体とした研究開発事業、地域中小企業の「ものづくり」を支援する技術支援事業の2つの事業を行なっています。
定礎 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所定款はコチラ
役員等名簿 役員等名簿はコチラ
事業計画書 事業計画書はコチラ
収支予算書はコチラ
事業報告書 事業報告書はコチラ
決算報告書はコチラ
役員に関する給与・退職金についてはコチラ

AMPIの歩み

平成5年12月 公設・民営型の研究所として、財団法人近畿高エネルギー加工技術研究所設立
平成13年4月 ものづくり支援センター開設
平成24年4月 一般財団法人へ移行

AMPIの組織図

AMPIの組織図 研究開発部 技術支援部

AMPI 研究開発部について

 研究開発部では、高エネルギー密度熱源を有するレーザや減圧プラズマ装置、分析・評価装置などを駆使し、地域企業とともに研究開発を行っています。
 具体的には、経済産業省の戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)、兵庫県COEプログラム推進事業や中小企業研究開発助成金など地方自治体の支援事業、個別の委託研究などを行っています。
支援事業の申請に貢献します!
【国の支援事業申請に貢献】  経済産業省 近畿経済産業局のサポイン事業などにおいて、公募や事業推進をサポートします。
【地方自治体の支援事業申請に貢献】  兵庫県COEプログラム推進事業や尼崎市の中小企業研究開発助成金などにおいて、公募や事業推進をサポートします。
個別の企業からの委託研究を請け負います!
 AMPIの保有設備、必要に応じて、外部機関の設備を利用し、各企業の個別の事情に応じて、委託研究を行います。
AMPIの主要設備一覧はこちら

AMPI 技術支援部について

 新しい材料を加工したい…試作をしたいが装置や場所がない…共同試作や開発のパートナーを探している…大学や公的機関の支援をうけたいが…
等々、ものづくり支援センターになんでもご相談下さい!
豊富なメニューでお答えします!
【ものづくり総合相談事業】  技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供など支援機関(中小企業支援ネットひょうご)のご協力によりサポートします
【技術開発・試作支援事業】 ・新技術・新製品の開発・改良・試作
・AMPI独自技術の展示会・研修会等での企業への提案及び技術移転
・新素材・先端加工技術に関する研究会活動の推進や次世代技術の開発
・3CAD・CAEなどのIT活用によるものづくり技術の高度化
・各種技術開発助成金制度の紹介および申請書作成など
・上記事項に関する産学官連携事業活動の推進
【人材育成事業】  ・各種講演会、講習会、先進企業見学会の開催
 ・技能講習、技能検定、ものづくり体験教室
【コーディネート活動】 ・中小企業と外部経営資源との引き合わせ、マッチング
こんな設備がご利用できます!
加工装置 各種レーザ加工装置、複合薄膜蒸着装置、各種溶接装置、汎用型工作機械等
設計支援システム 3次元CADシステム、3次元座標測定装置、3次元積層造形装置等
材料試験・評価装置 SEM、EPMA、各種顕微鏡、精密万能試験機、恒温恒湿試験装置等
AMPIの主要設備一覧はこちら

ページトップへ