兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
メディア掲載情報|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)

メディア掲載情報

AMPIのメディア掲載情報です。

タイトル・見出しなど 掲載年月日 記事の詳細
掲載媒体
次の100年へ若者を育成 2016年10月27日(木)

9月に開いた「第1回尼崎ものづくり未来の匠選手権」は近畿高エネルギー加工技術研究所など5団体が共催する技能大会で、基本的には市内に勤める35歳以下の若手社員を対象にしている。

日刊工業新聞
未来の匠目指して「AMPI、尼崎で若手対象の競技会」 2016年10月11日(火) 尼崎はものづくりの街。
だが、今は最終製品がいろいろな人の手に渡るばかり、その手前の技術・挑戦に注目した競技会です。
産報出版社「溶接ニュース」
未来の匠 工事技術競う 尼崎 2016年9月27日(火)

尼崎市内で電気工事や溶接に携わる35歳以下の若年技術者が、日ごろ培った技術を競う「第1回尼崎ものづくり未来の匠選手権」が25日、ポリテクセンター兵庫で開かれた。

毎日新聞
若手の技術者を育成 尼崎で「ものづくり選手権」 2016年9月26日(月)

ものづくりに携わる若手の技術者を育成しようと、ポリテクセンター兵庫で25日、「第1回尼崎ものづくり未来の匠選手権」が開かれた。市内の若手技術者ら20人が出場し、電気工事と溶接の2部門で腕を競った。

神戸新聞
第2回水素セミナーに65人 AMPI/兵庫県 2016年9月20日(火)

「水素社会を支える材料とその評価技術-エラストマーと金属材料」を開催。 「高圧水素ガス中での材料評価技術」「水素機器用エラストマー材料」についての講義。

産報出版社「溶接ニュース」
水素関連産業の展望学ぼう「神戸で14日セミナー」講演や事業、支援紹介も 2016年9月1日(木)

水素関連産業は、すでに燃料電池自動車や水素ステーションなどで研究・実用化が進んでおり、兵庫県なども成長が期待される次世代産業として支援制度を設けている。

神戸新聞
CFRPテーマに講演会開く 近畿高エネルギー加工技術研究所 2016年7月19日(火)

近畿高エネルギー加工技術研究所は7月7日、「CFRPの利用技術の現状と課題」と題した講演会を尼崎市のエーリックで開催した。

産報出版社「溶接ニュース」
中小に技術支援 研究機関と連携 尼崎信用金庫 2016年2月17日(水)

尼崎信用金庫は16日、中小企業への技術支援に関する連携協定を兵庫県内の2つの研究機関と結んだ。公益財団法人新産業創造研究機構、一般財団法人近畿高エネルギー加工技術研究所と連携する。

日本経済新聞
尼崎信用金庫など3機関 中小企業支援へ初協定 2016年2月17日(水)

尼崎信用金庫(尼信)と新産業創造研究機構(NIRO、神戸市中央区)、一般財団法人「近畿高エネルギー加工技術研究所」(AMPI、尼崎市)は16日、尼崎リサーチインキュベーションセンターで、「技術支援に関する連携協定」を結んだ。

神戸新聞
サプライチェーンの動向探る AMPIなどセミナー開く 2016年2月9日(火)

AMPIでは、次世代エネルギーとして期待されている水素を利用した社会の構築に向け、水素産業に関連した基盤技術を理解し、企業参入の促進を図るためのセミナーをシリーズで開催している。

産報出版社「溶接ニュース」

ページトップへ