兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所> >LT企業> >> >103_株式会社コーナン・メディカル
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (株式会社コーナン・メディカル)

Do Our Bestで「見たい」を「見える」に

本社外観

コーナン・メディカルは、白内障等の手術前後で使用される「角膜内皮細胞撮影装置」や鮮明な観察像で的確な診断の助けとなる「手術用顕微鏡」、鋼材の検査工程で傷位置に印をつける「マーキング装置」など、医療機器・産業機器分野において「人間の眼」に代わり世の中に貢献する製品の研究開発・製造販売を行う。
 眼科医に圧倒的に支持されている「角膜内皮細胞撮影装置」は、同社の主力製品として、世界シェアトップクラス(世界市場占有率約40%)を確保しているという。
 「わずか数十人の何ら目を見張るような知識も技術も持たない素人達が、世界中から注目される数々の研究開発を実現してきました」と代表の池上氏は説明するが、光学技術・機械設計技術・電子・電気技術・ソフトウェア・システム設計の多岐にわたる特許出願は創業以来1600件を超えるという、その輝かしい実績が実力の度合いを示している。
 「こんなものが欲しい」「あれば便利」という人々の願いに応える同社の事業スタイルが、クライアントの信頼を集める重要なポイントだろう。
 同社は1947年、アマチュアカメラ同好の士が集まってスタートした。
 創業70周年となった2017年、かねてから要望が多く、眼科医たちの期待に応える形で、新型の角膜内皮細胞撮影装置を開発、販売を開始した。
 新型の装置では、角膜の様々な層や部位をリアルタイムで広範囲にわたり精細に観察することが可能だという。
 また、自社開発品だけではなく、世界の優れた機器の輸入・販売を進め、製品ラインナップの拡充に取り組んでいるという。
 さらに、米国子会社を拠点とした欧米市場での販売拡大、「予知・予防」をキーワードに首から上の器官を検査する装置の開発も、日米で挑戦中だとしている。
事業所名
(カタカナ)
株式会社コーナン・メディカル
(コーナン メディカル)
代表者名 代表取締役社長 池上 哲治(イケガミ テツジ)
本社所在地 〒662-0976 兵庫県西宮市宮西町10-29
本社電話番号 0798-36-3456
本社FAX番号 0798-26-1028
創業年月 昭和22年(1947年)7月
設立年月 昭和26年(1951年)12月
資本金 6,870万円
従業員数 51 名
ホームページURL http://www.konan.com/
問い合わせ先メールアドレス request@konan.com
その他 関連URL、アドレス等
業種
(具体的な内容)
・オプトメカトロニクス(光学、機械、電子の融合技術)による医療機器、情報機器、産業機器の研究開発ならびに製造販売
・海外医療機器の発掘、輸入販売
主要製品 ・非接触式角膜内皮細胞撮影装置
・手術用顕微鏡
・自動探傷装置用マーキング装置
主要設備 CNC旋盤 EX20AS 1台
立体マシニングセンター MC-500V 1台
コンターマシン TA-350 1台
3次元CAD ICAD SX V7 1台
株式会社コーナン・メディカルの
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 株式会社コーナン・メディカル
代表取締役社長
池上 哲治(イケガミ テツジ)

その他 株式会社コーナン・メディカルのフォトギャラリー

ページトップへ