兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (株式会社ファインクレイ)

アルミニウム空気電池の車載を3年以内に実現! 

結着材CMCAの走査型電顕写真・ナノサイズの中空管が75%含水

 ファインクレイは、顔料等の粒子製品、セルロース化学製品、電気化学に係わる資材・装置の製造販売、またそれらに関する研究開発・調査、特許取得、及びコンサルテイング業務を行っている。
 京都大学工学博士の学位を持つ代表の古野氏は、特許取得等数々の功績を残しており学会等でも活躍する。
 同社が研究開発する技術は、あらゆる産業で活用され、その利用範囲は多岐に渡る。特に、素材をいかに薄く均一に塗布するかの塗工技術や、リチウムイオン電池LIBの負極材等の分散技術・炭素材の性能向上技術には「他社にはない技術力と実績で自信を持っている」と古野氏は説明する。
 また、同社の技術を紙パルプに応用し解明した新規組成物(CMCA)は、国際特許出願しており、今後塗料業界での利用が期待されている。
 現在、リチウムイオン二次電池(充電式電池)の5~10倍という高容量な金属空気電池実現に向け、「当社のCMCAがイオン伝導性であることを実証し、革新的電池開発とその実用化に取り組む」と話す。
 同社は今後、バイオマス、セルロース化学分野の発展、持続可能な低炭素社会の構築に寄与するため、次のビジョンを掲げている。
 まず、様々な炭素系新素材を電池の「空気極」として利用することで、電池性能の飛躍的発展が見込めると考えている。同社が解明したイオン伝導性の結着材CMCAは、空気電池のみならず各種電池のセパレータ、電極活物質の結着材に応用でき、電池の基本機能評価に役立つ。使用後は廃却、焼却処分しても有害物が出ないという。また、電池で実証した塗工技術とCMCAを、塗料全般、インキ、表面処理剤、集束剤などにも応用したいとしている。
 古野氏は、「国際特許出願済みのイオン電導性の結着材を活用して、アルミニウム空気電池の車載を3年以内に実現したい」と意気込む。

事業所名
(カタカナ)
株式会社ファインクレイ
(ファインクレイ)
代表者名 代表取締役 古野 伸夫(フルノ ノブオ)
本社所在地 〒660-0063 兵庫県尼崎市大庄北1-3-8
本社電話番号 06-6417-2910
本社FAX番号 06-6417-2910
創業年月 平成元年(1989年)1月12日
設立年月 平成元年(1989年)1月12日
資本金 1,000万円
従業員数 1 名
ホームページURL http://www.fineclay.co.jp/
問い合わせ先メールアドレス nobuo.furuno@fineclay.co.jp
その他 関連URL、アドレス等
業種
(具体的な内容)
コンサルタント
(セルロース誘導体の合成と応用、粘土、黒鉛微粒子の分級精製、
底域が淀まない各種貯水槽、雨水等の貯水施設、金属空気電池、
各種電極の試作研究、)
主要製品 架橋硬化性界面活性剤、分散剤 CMCA25 
(カルボキシセルロースCaCe™ の1種、カルボキシメチルセルロースと重安との組成物で、
ナノサイズでの中空体CeNT™、棒状体CeNR™製品)
分級精製のパスカルフィルターシステム エレメント[弁財天] 

主要設備 アルミニウム空気電池試作作業室
CMCA調合作業室
水処理システム[弁財天]相当の各種水槽
雨水貯留実験槽
株式会社ファインクレイの
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 株式会社ファインクレイ
代表取締役
古野 伸夫(フルノ ノブオ)

その他 株式会社ファインクレイのフォトギャラリー

ページトップへ