兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (髙丸工業株式会社)

多品種少量生産の中小企業へ最適なロボットシステムをご提案

400M×50Mの広大な工場内

 髙丸工業は、産業用ロボットシステムメーカーだ。同業者の多くは、ロボットメーカーの系列会社であるのに対し、同社は数少ない独立系のシステムメーカーである。ロボット業界の内情を熟知しており、各メーカーのロボットを客観的な評価ができる特異なロボットシステムインテグレータとして多くの注目を集める。
 同社は、長年ロボットメーカーの協力会社として、様々なロボットシステムを設計製作してきた。その経験を活かしハンドリング・溶接・塗装・研磨・加工など、仕事内容に最適なロボットを多くのメーカーから選択、システムの自動化を提案している。
 同社最大の特徴は、ロボットシステムインテグレータとして提案を行うだけでなく、操作指導、安全教育を行う教育施設を併設していることだ。各メーカーのロボットが備えられた施設では、ロボットスクール実施のほか、FS事業としてロボット導入実証事業も行い、ロボット補助金では数あるSIerの中で全国最多の採択数を誇る。
 また、若い世代への啓蒙活動として実施する「高校生のロボットセミナー」で「ものづくり日本大賞特別賞」を受賞している。
 同社は、中小企業でのロボット導入には、クリアすべき問題があるとしている。元来、ロボットは多品種少量生産を機械化するために開発され、中小企業のような多品種少量生産でこそ真価を発揮するが、投資額が大きいのに加え、使いこなす人材がいない点だ。
 そこで、同社はロボットオペレータを育成するため、2007年に先述の教育施設を開設。2018年には東京都大田区に「RTC東京」を開設した。
 また、中小企業経営者が投資効果を理解していないことがロボットの普及を妨げている。人とロボットの作業方法は異なるため、ロボットに適した方法に変更する提案や、FS事業を利用し経営者への理解を進めている。
 同社代表の髙丸氏は「中小企業への導入と海外工場や食品工場での受注を増やし、将来的にはロボット業界のリーダー的存在を目指す」と話す。
事業所名
(カタカナ)
髙丸工業株式会社
(タカマルコウギョウ)
代表者名 代表取締役 髙丸 正(タカマル タダシ)
本社所在地 〒662-0925 西宮市朝凪町1-50 JFE西宮工場内
本社電話番号 0798-38-9200
本社FAX番号 0798-38-1919
創業年月 昭和38年(1963年)
設立年月 昭和42年(1967年)5月
資本金 8,500万円
従業員数 29 名
ホームページURL https://www.takamaru.com/
問い合わせ先メールアドレス info@takamaru.com
その他 関連URL、アドレス等 株式会社ロボットテクニカルセンター
https://www.robotec-center.com/
業種
(具体的な内容)
一般機械器具製造業 ユーザーに最適なロボットを選択して、産業用ロボットシステムの設計製作を取りまとめること 各ユーザーのニーズに一番適したロボットを選択し、システムを設計製作する事が出来る。考案・設計・製造・据付・試運転・引渡し迄の一貫体制をとっている。
主要製品 ロボット及びロボット周辺機器製造、自動溶接装置(マニピューレーター、専用溶接治具、溶接ポジショナー)、
運搬機器(天井クレーン、コンベアー)
主要設備 ・CADシステム
・溶接機
・組立定盤
・検査定盤
・受電設備(300KVA)
・旋盤
・フライス盤
・ラジアルボール盤
髙丸工業株式会社の
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 髙丸工業株式会社
代表取締役
髙丸 正(タカマル タダシ)

その他 髙丸工業株式会社のフォトギャラリー

ページトップへ