兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (北斗電子工業株式会社)

ものづくり For Life!

MONOZUKURI FOR LIFE!

北斗電子工業は、磁気・誘電率等を用いた微小電流測定技術・アナログ信号処理・高速画像処理、制御技術を用いた特殊計測器・検査器の開発・設計・製造を行う。
 磁気探傷、微小静電容量計測、画像処理などを得意とするベテランエンジニアが多数在籍し、クライアントの多くから技術力で高い評価を得ている。
同社には、エレクトロニクス・ソフトウェア・メカニクス各分野のスペシャリストを要し、社内で一貫した設計・生産が可能であることが強みだとしている。各分野が密に連携できることで、整合性のとれた製品を作ることができるのだと説明する。
 また、同社はOEM生産を請け負う量産体制を整備している。OEM先からは高格付評価を獲得、高度な調整を要する製品製造を担う。
 量産体制と同時に、特別な用途のワンオフ品・大学の研究室向けの実験機器・OEM製品の量産試作など、小ロット品・特機開発の実績も多数あるという。
 代表の中野氏は「クライアントにとって信頼できるパートナーとして、手探りの状態から、手を取り合って開発させて頂く」と話す。
同社は、計測・検査の分野で、クライアントのニーズに合ったカスタムメイド品を設計・開発・製造するという形で貢献してきた。
 同社は、過去の経験を十分に生かし、また新しい技術をどんどん取り入れたうえで、ノウハウの融合を図りたいと考えている。
 一方、同社は過去の技術を若い世代に継承・教育を行える環境・組織作りに力を入れているという。
 また、今後は世の中の流れとして「IoT技術」を用いた計測・検査、及びインフラ関連の監視・検査といった案件が増えると同社は予想している。
 代表の中野氏は「時代のニーズを見極め、より一層技術力を高めてお客様の新しい試みを確実にものづくりで実現できるよう、発展していきたい」と課題と展望を語る。
事業所名
(カタカナ)
北斗電子工業株式会社
(ホクトデンシコウギョウ)
代表者名 代表取締役社長 中野 学(ナカノ マナブ)
本社所在地 〒669-1148 兵庫県西宮市名塩東久保2-36
本社電話番号 0797-62-0131
本社FAX番号 0797-61-0066
創業年月 昭和43年(1968年)7月
設立年月 昭和47年(1972年)11月
資本金 7,200万円
従業員数 26 名
ホームページURL http://www.hokuto-ele.co.jp
問い合わせ先メールアドレス eigyou@hokuto-ele.co.jp
その他 関連URL、アドレス等
業種
(具体的な内容)
磁気・誘電率等を用いた微小電流測定技術、アナログ信号処理、
高速画像処理、制御技術を用いた特殊計測器・検査器の開発・設計・製造
主要製品 半導体検査装置、磁気探傷装置、画像処理装置、
その他特殊計測器、検査装置
主要設備
北斗電子工業株式会社の
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 北斗電子工業株式会社
代表取締役社長
中野 学(ナカノ マナブ)

その他 北斗電子工業株式会社のフォトギャラリー

ページトップへ