兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (株式会社関西工事)

プラント配管のスペシャリスト集団

H29.4竣工 新工場・新事務所外観

 関西工事は、配管の溶接加工・取付・工場の試運転助勢までを一貫施工。
 アーク・TIG・自動などの溶接等による工場内での配管・サポート・ユニット機器製作・現地配管を行う。
 主にビール・飲料・食品・医薬品・化学業界等、全国の工場プラントのステンレス配管を中心に、現地で施工作業を行っている。
 同社代表の久木元氏は「高度な溶接技術をもつ優秀な職人と、彼らを活かす経験豊富なリーダーが当社の財産であり、武器である」と語る。
 食品・医薬品プラントでは、「液溜まり」が許されずシビアな薬液配管などの溶接加工技術が必須となる。その一端を担う「裏波溶接」という技術は、溶接面だけでなく溶接面の裏側にもビードを出す際に採用される溶接方法だ。この高度な溶接技術を、同社では日常的に用いて日々作業を行っている。
 また、尼崎市やAMPIなどが主催し、2016年から開催されている「尼崎ものづくり未来の匠選手権」では、毎年、同社の工事部長が溶接部門の審査員を務め、地域企業全体の「溶接技術のレベルアップ」、「意識向上」に貢献している。
 同社は、創業以来「技術で社会と環境に貢献する」をスローガンに、 特にビールや飲料、食品、薬品などのプラントにおける 配管工事をはじめとする施工に取り組んできた。
 そんな中、同社は2年前からWEBを使った人材教育方法(eラーニング)を取り入れた。また、2017年4月の新工場竣工が、働く環境の改善にも繋がったという。これらの取組みを機に、若手職人の採用・育成の足掛かりにするとしている。
 一方、「健康機器事業」では、同社代表の久木元氏が持つ、女性ならではの柔軟な発想で、「手足温浴+温芯浴=体幹を温める」をキーワードに次々と商品開発を行い、新しい顧客層・販売チャンネルの開拓を積極的に推し進める、としている。
事業所名
(カタカナ)
株式会社関西工事
(カンサイコウジ)
代表者名 代表取締役 久木元 悦子(クキモト エツコ)
本社所在地 〒660-0832 兵庫県尼崎市東初島町2-40
本社電話番号 06-6487-2822
本社FAX番号 06-6487-2812
創業年月 昭和45年(1970年)4月
設立年月 平成 6年(1994年)12月
資本金 1,000万円
従業員数 15 名
ホームページURL http://www.kansaikouji.jp/
問い合わせ先メールアドレス kitagawa@kansaikouji.jp
その他 関連URL、アドレス等 (温浴システムのご紹介):http://tec.hot-ashiya.com/
(温芯マット・悦シリーズご紹介):http://hotashiya.shop12.makeshop.jp
業種
(具体的な内容)
建設業(管工事業)
ビール等飲料、食品、医薬品、そして化学プラント向けの配管工事・消火設備配管、
工場設備メンテナンス工事、架台等製作並びに現地施工
主要製品 【工事部門】
・全国の各種現場配管工事(サポート含む)、並びにユニット製作
【健康機器事業】
・オールステンレス製手足温浴機「ETSU」
・健康温熱マット「悦」シリーズ

主要設備 【工場設備】
バンドソーマシン(600A/250A)
自動ボール盤
卓上ボール盤、
マルチワーカー
パンチャー
アングルベンダ加工機
卓上グラインダー、
天井ホイストクレーン(2.8t×2基、1.5t×2基)
コンプレッサー

【作業道具類(電動工具)】
自動溶接機(6台)
TIG溶接機(52台)
アーク溶接機(15台)
メタルカッター(18台)
バンドソー(15台)
ロータリーバンドソー(8台)
パイプソー(2台)
ほか
株式会社関西工事の
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 株式会社関西工事
代表取締役
久木元 悦子(クキモト エツコ)

その他 株式会社関西工事のフォトギャラリー

ページトップへ