兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所

相談窓口 相談窓口
LT企業検索ページ|一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)
検索画面へ戻る リストへ戻る

LT企業紹介 詳細情報 (株式会社巴製作所)

注目!これが巴の取組み最前線!

製品事例写真

 巴製作所は、水道・ガス配管部品の製造を主軸に、分離精製装置部品の開発・製造、土木・建設用資材の製造・販売と、幅広い分野で研究・開発・製造・販売活動を行っている。
 また、各種ISO認証取得や日本水道協会の第1種検査工場、JISマーク認証工場として、品質、環境への様々な取組みを行っている。
 同社は、主にステンレス鋼を材料として熱間鍛造や機械加工を行い、ボルトを製造。熱間鍛造は、冷間鍛造ではできない特殊な形状や様々な大きさに対応できるのが特徴だ。また、コーディング性能が高い溶射・塗装は、水道配管の長寿命化に一役買っている。品質の向上と共に、低コスト化を目指してロボット導入も積極的に行い、クライアントの要望に幅広く対応できる体制を整えている。
 また、高圧配管部品「カラム」は、液体の成分を分析する装置の核となる部品であり、長年のステンレス加工の経験で蓄積した技術とノウハウを活かして製造している。
 現在、耐圧試験・気密試験・内面研磨・コーティングなど、独自の付加価値となる更なる開発に取り組んでいるという。
 「鋼角ストッパー」をはじめとする同社の建設資材は、多くの道路事業体・鉄道事業体で採用されている。2016年に起こった熊本地震では、九州新幹線の橋脚に使用された同社製品の耐久力が実証された。
 今後、そういった災害に備え、橋梁補修用の新たな工法や工具を研究・開発するため、同社は産学官連携でNPO法人を立ち上げた。
 同社代表の豊田氏は「新設橋梁だけではなく、国内70万橋の老朽化した橋梁を長持ちさせる活動を行っていく」と話す。
 創業時から水道・ガス配管部品の製造というインフラ設備業界に身を置く企業として、地域社会への貢献にも積極的に取り組んでいるのだ。
事業所名
(カタカナ)
株式会社巴製作所
(トモエセイサクショ)
代表者名 代表取締役社長 豊田 裕司(トヨダ ユウジ)
本社所在地 〒660-0092 兵庫県尼崎市鶴町7-13
本社電話番号 06-6416-6200
本社FAX番号 06-6416-2096
創業年月 昭和23年(1948年)9月
設立年月 昭和28年(1953年)12月
資本金 6,000万円
従業員数 48 名
ホームページURL http://www.tomoe-works.co.jp
問い合わせ先メールアドレス sales@tomoe-works.co.jp
その他 関連URL、アドレス等
業種
(具体的な内容)
特殊ボルト・ナットの設計、製造、販売
特殊継手部品の設計、製造、販売
液体クロマトグラフ用カラムの設計、製造、販売
PC橋梁用資材の設計、製造、管理技術
超微粒子の設計、開発、製造、販売
主要製品 水道配管用T頭ボルト・ナット、ガス配管用T型ボルト・ナット
水道配管用ロックリング、ガス配管用スピゴットリング
SUS及び樹脂製エンプティカラム、固相抽出用エンプティーカートリッジ
鋼角ストッパー、鋼棒ストッパー、スパイラル筋
各種金属ナノ粒子
主要設備 マシニングセンター φ50~φ600用 6台
NC旋盤 φ50~φ600用 8台
熱間鍛造機 300t~500t 5台
切断機 5台
洗浄塗装設備 一式
溶射設備 一式
株式会社巴製作所の
1分メッセージ動画を見る
YouTube動画を再生
1分動画出演者紹介 株式会社巴製作所
代表取締役社長
豊田 裕司(トヨダ ユウジ)

その他 株式会社巴製作所のフォトギャラリー

ページトップへ