兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所


一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI) お問い合わせはこちら
一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所> >活用事例(研究開発部/COEプログラム)> >超短パルスレーザによるBWIP形成技術の開発と省エネ型表示装置への応用

お知らせ一覧

超短パルスレーザによるBWIP形成技術の開発と省エネ型表示装置への応用

2016年10月13日


・研究成果の概要

明樹脂板内部の任意の位置に光反射に適したBWIP方式(ビームウェスト・インプリント式)加工痕を形成させる ことにより、新しいエッジライト式導光板の薄板化、軽量化、省電力化を実現することができる。

該導光板を用いた面発光装置は、伝送ロスの少ない省エネ型表示装置として期待できる。

ページトップへ