兵庫県尼崎市 ものづくり総合相談/技術・製品開発に関する問題解決や情報調査・提供 | 一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所


一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI) お問い合わせはこちら
一般財団法人 近畿高エネルギー加工技術研究所> >活用事例(研究開発部/COEプログラム)> >次世代ロボットハンドのための新しい相互学習制御技術の確立

お知らせ一覧

次世代ロボットハンドのための新しい相互学習制御技術の確立

2016年10月14日


・研究結果の概要

本プロジェクトでは、対象物への接触を検知する機能と、物や道具を器用に操る機能を併せ持つヒュー

ノイドロボットハンドの実現を目指し、ロボットハンドの要素技術の開発を行った。

平成18年度は、以下の3つのサブテーマを実施した。

(1)ロボットハンドのための計測制御モデルと行動制御モデルの相互学習法の確立

(2)前年度試作した小型ロボットフィンガーの実験的検証

(3)次世代ロボット用分布型触覚センサーの可能性検証

これらにより、器用な動作が実現可能な、人間の手と同等の大きさを持つロボットハンドの実現を目指す。

ページトップへ